情報化施工とは?

情報化施工とは、ICT(情報通信技術)を活用した新しい施工方法です。
データ化された現場設計図などを施工時に利用することで、従来の施工方法に比べより高効率で高精度な施工を実現します。
Catレンタル九州は、建機メーカー直営レンタルだからできる最新の情報化施工対応機をご用意しています。

メリット

  • 生産性向上

    常に出来高を確認しながら作業ができるため、施工時間が短縮されます。また、丁張りと検測作業が不要になるため、この分の作業時間も短縮されます。

  • オペレータ疲労の低減

    操作が少なくなり、また緊張を強いられる場面も減るため、オペレータの疲労が大幅に低減されます。

  • 施工品質向上

    従来の施工方法に比べ、仕上がりの精度が大幅に向上します。常に測定を行いながら施工するため、現場全体で品質が向上します。

  • コスト削減

    正確な施工により機械の稼働時間が短くなるため、燃料費と機械部品の磨耗が低減されます。また、丁張りと検測作業が不要なため、その分の人件費を抑えることができます。

  • 安全性向上

    機械の周りの危険な場所に検測作業員が立ち入らずに済むため、接触事故を防止できます。

  • 環境性向上

    機械稼働時間の減少によってCO2の排出量を減らせます。また、夜間工事においても照明は必要最低限で済み、周囲の環境へ与える影響も少なくなります。

従来の工法との比較

  • 従来の工法のままだと…

    ・丁張り設置のため測量の頻度が多い

    ・丁張りの頻度が、精度に大きく影響

    ・施工中の出来形確認、手直し作業の繰り返し

    ・バケット周辺での測量作業は危険をともなう

  • 情報化施工処理を導入すると…

    ・測量作業(丁張り設置/施工中の検測作業)の大幅な低減

    ・掘削作業時間の大幅な短縮(測量待ち時間の削減)

    ・リアルタイムなガイダンス操作による施工品質の大幅な向上

    ・測量作業員の現場立ち入りがなく安全性が大幅に向上

様々な工事で活用される情報化施工

造成工事やダム工事、河川土工工事、道路工事、外構工事や圃場整備工事などで活用されています。

  • 造成工事やダム工事、河川土工工事

  • 道路工事

  • 外溝工事や圃場整備工事